ここから本文です

デイジー・リドリー「SWエピソード8」の正式タイトルの発表は当分先と明言

映画.com 8月31日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の続編「スター・ウォーズ エピソード8」の正式タイトルがすぐに発表されることはなさそうだと、ハリウッド・レポーター誌が報じている。

 同作の撮影を終えたライアン・ジョンソン監督が本格的に編集作業に入るなか、正式タイトルの発表が行われるのではないかとファンの間では期待が高まっている。しかし、英ポッドキャスト「My Dad Wrote a Porno」に出演したレイ役のデイジー・リドリーは否定的だ。

 正式タイトルを聞かれたリドリーは、「タイトルは聞いたことがあるけれど、それになるかはわからない」と返答。さらに「タイトルを聞いたのは撮影が始まるよりもずっと前のことで、撮影中に(内容に関して)ちょっと調整があったの。だから正式発表されるまでは、ちょっと時間がかかるんじゃないかしら」と明かしている。

 前作の正式タイトルが「フォースの覚醒」であると明らかにされたのは14年11月で、世界公開の13カ月前だった。「エピソード8」の公開は17年12月15日のため、今年の11月に行われるという見方が広がっている。ちなみに、「フォースの覚醒」に正式決定する前のタイトルは、「帝国の影(Shadow of the Empire)」だったと言われている。

最終更新:8月31日(水)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。