ここから本文です

チェルシー、フィオレンティーナのM・アロンソを32億円で獲得間近に

GOAL 8月31日(水)16時58分配信

チェルシーは、フィオレンティーナに所属するスペイン人DFマルコス・アロンソを獲得する見込みが立ったようだ。移籍金は2300万ポンド(約32億円)前後になる。イギリス紙『ガーディアン』が報じた。

今夏、チェルシーはヌゴロ・カンテやミシー・バチュアイを獲得したが、課題の一つとして挙げられていた最終ラインの補強が遅れていた。

M・アロンソを獲得できた場合、左サイドバックで起用されているセサル・アスピリクエタを右に回し、ブラニスラフ・イバノビッチをセンターバックに組み込むことができる。35歳となったジョン・テリーの負担を減らす意味でも、効果的な補強となりそうだ。

M・アロンソはレアル・マドリーの下部組織出身。フィオレンティーナでプレーした他、ボルトンやサンダーランドといったイングランドのクラブにも所属した経験を持っている。

GOAL

最終更新:8月31日(水)16時58分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。