ここから本文です

D・ルイス、古巣チェルシーへ電撃復帰か

ISM 8月31日(水)8時26分配信

 パリSG(フランス)のDFダヴィド・ルイス(29)が古巣チェルシー(イングランド)に復帰する可能性があるようだ。英『スカイスポーツ』など複数メディアが現地時間30日に伝えている。

 『スカイスポーツ』によれば、チェルシーはD・ルイス獲得を目指し、3000万ポンド(約40億円)に追加料金を加える形でオファーを提示。夏の移籍市場閉幕まであと1日となっているが、選手側も復帰を望んでいると報じられており、現在交渉が行なわれているという。

 D・ルイスは2011年1月にベンフィカ(ポルトガル)から2100万ポンドでチェルシーに加入し、同チームで公式戦143試合に出場し12ゴールを記録。14年夏にDFとしては史上最高額の推定5000万ポンド(約85億8000万円:当時)でパリSGへと移籍していた。

 チェルシーのアントニオ・コンテ新監督は、CBの補強にトッププライオリティを置いており、ミランDFアレッシオ・ロマニョーリ、ナポリ(以上イタリア)DFカリドゥ・クリバリの獲得を目指していたが、現時点で実現はしていない。ミランはオファーを断り、『スカイスポーツ』は前週、クリバリの移籍は「90%」あり得ないと報じていた。

最終更新:8月31日(水)8時26分

ISM

スポーツナビ サッカー情報