ここから本文です

高須院長、乃木坂・AKB「顔診断」が超過激 「エラ発達しすぎ」「鼻が大きい」

J-CASTニュース 8月31日(水)18時49分配信

 「鼻が曲がって見えます」「エラと頬骨か発達しすぎ」――。美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、乃木坂46やAKB48グループの「顔だち」をツイッターで酷評している。

 さらには、HKT48のメンバーに対して、「普通の鼻に戻してあげるから来なさい」との言葉を送る一幕も。こうした歯に衣着せぬ物言いに、一部のアイドルファンから「何様のつもり」との批判も寄せられている。

■「目が小さい割には鼻が大きい。逆なら良かったのに」

 高須院長の「診断」が始まったのは2016年8月29日夜のこと。あるツイッターユーザーからの質問に答える形で、乃木坂46の桜井玲香さんの顔について、

  「しっかり売り出すならエラと鼻を細くしてあげれば人気が出るとおもいます。このままではショートヘアにできません」

と手厳しいコメントを送ったことがきっかけだ。

 このやり取りに大きな反応を見せたのは、乃木坂46やAKBグループの熱狂的ファン達だった。自分が好きなメンバーの「顔」を批評して貰うため、高須院長に「どう思いますか?」「判定お願いします」とのコメント付きでアイドルの写真を送りつけ始めたのだ。

 大量に送られてくるアイドルファンからの「批評依頼」に、高須院長は切れ味鋭いコメントを次々と返している。NMB48の太田夢莉(ゆうり)さんのファンから送られた「完璧すぎませんか?」との声に対しては、

  「鼻先と上唇がほとんどくっついています!目が小さい割には鼻が大きいです。逆なら良かったのに」

とバッサリ。また、乃木坂46の生田絵梨花さんファンの「おれの愛する人なんです 判定お願いします」とのツイートに対しては、「エラと頬骨か発達しすぎ」と辛らつな一言を送っている。

 こうした高須院長の「激辛コメント」には、「何様のつもり」「乃木坂メンバーに言う前に自分の顔直せよ」と噛みつくファンも数多く出ていた。また、あまりにあけすけな物言いに強いショックを受けたのか、批評を依頼するツイートを削除するユーザーも数多く出ていた。

1/2ページ

最終更新:9月1日(木)10時39分

J-CASTニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。