ここから本文です

齋藤飛鳥が涙、深川センター代役は川後陽菜!乃木坂46怒涛の神宮3DAYS完遂

音楽ナタリー 8月31日(水)8時0分配信

乃木坂46が昨日8月30日に東京・明治神宮野球場にて野外公演「"真夏の全国ツアー2016"~4th Year Birthday Live~」の最終公演を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このイベントは乃木坂46が6月から開催していたもので、深川麻衣の卒業公演を含め全16公演で約18万人を動員。明治神宮野球場で実施された8月28日から30日までの3日間は「4th Year Birthday Live」と銘打たれ、メンバーはこれまでリリースした全112曲を3日間ですべて披露した。

最終公演は、10thシングル「何度目の青空か?」でスタート。センターの生田絵梨花がソロで歌い始めたこの曲は、そのまま選抜メンバーがしっとりと同曲を歌い上げる。そのあとは「神宮ー! 最終日盛り上がっていくぞ!」「皆さん、もっと声出ますよね?」とメンバーがファンを煽り「転がった鐘を鳴らせ!」を披露。メンバーはトロッコで客席間を移動しながら、水鉄砲でファンへ水をかけて回った。

その後もグループは、「命は美しい」「太陽ノック」と各シングル収録曲をリリース順に披露していく。それぞれのブロックが始まる前には、シングル発売当時の乃木坂46を紹介するVTRが放映され、ファンは彼女たちの歴史を改めてたどりながらライブを堪能していった。シングルのほかにも、アンダー曲やユニット曲などのカップリングも全曲披露されたこの日。西野七瀬のソロ曲「ごめんね ずっと…」では、緑色のペンライトがフロアを染め、西野が感激の涙を流す場面もあった。またソフトバンクのテレビCMで乃木坂メンバー扮する「ギガ200」が、CMソング「200ギガあげちゃう」を歌唱する一幕も。演奏後には参加メンバーがCM撮影時のエピソードを語った。

6月に卒業した深川麻衣がセンターを務めていた14thシングル「ハルジオンが咲く頃」では、深川の代わりに川後陽菜がセンターを担当。イントロにあわせて川後の姿がスクリーンに大写しになると、会場から大歓声が上がる。その後のMCで川後はセンターを務めたことについて「すごく不安で緊張してたんですけど、大好きなまいまいのポジションをやらせていただけるのはうれしかったです。私のハルジオンがまいまいに届いてたらいいな」と思いを語った。

最新シングル「裸足でSummer」の歌唱時は、この日もっともバラエティ豊かな内容に。生田による「命の真実 ミュージカル『林檎売りとカメムシ』」では、生田がミュージカルさながらに情感たっぷりの歌声とセリフを聴かせ、続く「白米様」では松村沙友理、佐々木琴子、寺田蘭世、伊藤かりんの4人からなる「さゆりんご軍団」がりんごをイメージした衣装でキュートに歌唱。白石麻衣のソロ曲「オフショアガール」では花かんむりをつけた白石が花道を駆け回り、ファンはタオルを回して熱演に応えた。さらにアンダーメンバーの楽曲「シークレットグラフィティー」では樋口日奈が初のセンターポジションでパフォーマンスした。

本編最後に披露されたのは「裸足でSummer」。演奏前には齋藤飛鳥が今曲でセンターを務めることに至るまでのダイジェスト映像が流れる。そして花火と共に曲が始まると、齋藤は感極まって目にたっぷりと涙をためながらパフォーマンスをした。曲終わりには挨拶にも言葉をつまらせるほど涙を流し、場内の感動を誘っていた。

本編で112曲もの楽曲を届けた彼女たちはアンコールで再びステージに現れると、安堵した表情で「夏のFree&Easy」「ガールズルール」という“夏曲”を元気いっぱいに歌唱。ニューシングル(タイトル未定)のリリース発表を挟み、「乃木坂の詩」でライブを締めくくった。かと思いきや、ファンからの止まぬアンコールに応えて、みたびステージに姿を現した。最後に「おいでシャンプー」を届けて、全16公演におよんだ「真夏の全国ツアー2016」と、3日間かけて行われた「4th Year Birthday Live」の幕を下ろした。

乃木坂46「"真夏の全国ツアー2016"~4th Year Birthday Live~」2016年8月28~30日 明治神宮野球場 セットリスト
8月28日
01. ぐるぐるカーテン02. 会いたかったかもしれない03. 左胸の勇気04. 失いたくないから05. 乃木坂の詩06. 白い雲にのって07. おいでシャンプー08. ハウス!09. 心の薬10. 偶然を言い訳にして11. 狼に口笛を12. 水玉模様13. 走れ!Bicycle14. 人はなぜ走るのか?15. 涙がまだ悲しみだった頃16. 音が出ないギター17. 海流の島よ18. せっかちなかたつむり19. 渋谷ブルース20. ここじゃないどこか21. やさしさなら間に合ってる22. 制服のマネキン23. 指望遠鏡24. 春のメロディー25. 200ギガあげちゃう26. なぞの落書き27. 傾斜する28. 誰かは味方29. 僕がいる場所30. あなたのために弾きたい31. 革命の馬32. ひとりよがり33. 自由の彼方34. ロマンティックいか焼き35. シャキイズム36. サイコキネシスの可能性37. でこぴん38. 13日の金曜日39. 君の名は希望<アンコール>40. ガールズルール41. 夏のFree&Easy42. 太陽ノック43. 裸足でSummer

8月29日
01. ガールズルール02. 人間という楽器03. 扇風機04. 他の星から05. コウモリよ06. 世界で一番 孤独なLover07. やさしさとは08. 私のために誰かのために09. 初恋の人を今でも10. バレッタ11. 月の大きさ12. そんなバカな・・・13. 失恋したら、顔を洗え!14. 低体温のキス15. 環状六号線16. 口約束17. Threefold choice18. 空気感19. 光合成希望20. かき氷の片想い21. 欲望のリインカーネーション22. きっかけ23. 太陽に口説かれて24. 200ギガあげちゃう25. 孤独兄弟26. ダンケシェーン27. 生まれたままで28. 気づいたら片想い29. ロマンスのスタート30. 吐息のメソッド31. その先の出口 32. 僕が行かなきゃ誰が行くんだ 33. 無口なライオン 34. 何もできずにそばにいる 35. ここにいる理由 36. 夏のFree&Easy <アンコール>37. おいでシャンプー 38. 太陽ノック 39. 裸足でSummer

8月30日
01. 何度目の青空か?02. 転がった鐘を鳴らせ!03. 遠回りの愛情04. 私、起きる。05. Tender days06. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた07. ごめんね ずっと・・・08. 立ち直り中09. あらかじめ語られるロマンス10. ボーダー11. 命は美しい12. 君は僕と会わない方がよかったのかな13. 200ギガあげちゃう / ギガ20014. 制服を脱いでサヨナラを…15. 無表情16. 魚たちのLOVE SONG17. もう少しの夢18. 太陽ノック19. 羽根の記憶20. 別れ際、もっと好きになる21. 今、話したい誰かがいる22. 悲しみの忘れ方23. 隙間24. 大人への近道25. ポピパッパパー26. 嫉妬の権利27. ハルジオンが咲く頃28. 憂鬱と風船ガム29. 不等号30. 遥かなるブータン31. 急斜面32. 釣り堀33. 強がる蕾34. 命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」35. 白米様36. オフショアガール37. 行くあてのない僕たち38. 僕だけの光39. シークレットグラフィティー40. 裸足でSummer<アンコール>41. 夏のFree&Easy42. ガールズルール43. 乃木坂の詩<ダブルアンコール>44. おいでシャンプー

最終更新:8月31日(水)8時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。