ここから本文です

ジョニー・デップ&アンバー・ハード、離婚原因になった映画が公開へ

cinemacafe.net 8月31日(水)14時15分配信

ジョニー・デップとアンバー・ハードの離婚原因になったとされている映画『London Fields』(原題)が今年公開されることになった。

【写真】ジョニー・デップ&アンバー・ハード/フォトギャラリー

同作品内でのアンバーとビリー・ボブ・ソーントンの共演シーンにジョニーが嫉妬し、大喧嘩の末にあやまって指先を失ってしまったと言われており、2人の結婚生活崩壊の発端がそこにあったとみられている。

ジョニーからドメスティックバイオレンスを受けたと訴え、離婚協議を行っていたアンバーは2015年3月、オーストラリアの別荘で大喧嘩をした際にこの出来事は起きたとしている。

この大喧嘩の最中にジョニーは数本のボトルや窓を叩き割ったうえに固定電話を部屋の壁に叩きつけたとされており、アンバーはそのうちの1つでジョニーが指を損傷したと説明している。アンバーがビリーと浮気したのではないかと疑っていたジョニーは、負傷した指にペンキをつけ、壁に「ビリー・ボブ」「尻軽女アンバー」と書いたとされている一方で、アンバーはこの浮気疑惑を否定している。

ジョニーがわずか18分間出演する『London Fields』(原題)では、ビリーが創作に行き詰まり、病で死期が迫る作家を演じており、アンバーはその恋人役を務めている。

同作品は昨年9月に公開予定だったのだがマシュー・カレン監督と編集チームの間で意見の相違があり、公開日が延期になっていた。

(C) BANG Media International

最終更新:8月31日(水)14時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。