ここから本文です

ウィルシャーに22クラブが関心、クリスタルパレスが争奪戦リードか

ISM 8月31日(水)9時57分配信

 アーセナルからの期限付き移籍の可能性が報じられる、イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(24)。22クラブが関心を示すなか、クリスタルパレス(以上イングランド)が争奪戦をリードしているようだ。英『デイリー・メール』紙(電子版)が現地時間30日(以下現地時間)に報じている。

 負傷で昨季の大半を棒に振ったウィルシャーは、今季もケガによりプレシーズンの調整が遅れ、ここまでプレミアリーグ3試合中2試合の途中出場にとどまる。所属クラブで出場機会を確保できていないことからイングランド代表も選外となっており、アーセナルはレンタルでの移籍を容認する構えだと報じられている。

 『デイリー・メール』によれば、ユヴェントスやローマといったイタリア勢から、プレミア勢のボーンマス、ワトフォードまで計22クラブが、ウィルシャーに関心を寄せているとのこと。その争奪戦のポールポジションに立っているのはクリスタルパレスで、選手とアラン・パーデュー監督が29日の午後に会合を持ったという。

 同紙によれば、アーセナルはプレミアリーグ以外のチームへのレンタルを望んでいるが、ウィルシャーの家族がロンドンで生活をしていることが、移籍先を決定する上で大きな要因になるだろうと指摘。ロンドンを本拠地とするクリスタルパレスは、レンタル料と、週給8万ポンド(約1100万円)のサラリーの大半を支払う契約で、6カ月か1年間の期限付きでウィルシャーを獲得する見込みとのこと。

最終更新:8月31日(水)9時57分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合