ここから本文です

ZMP、1/10スケール実験車両の開発をスタート…自動運転アプリ

レスポンス 8月31日(水)9時30分配信

ZMPは8月30日、ルネサスエレクトロニクス社製車載向けSoC(システムLSI)「R-Car」を搭載した1/10スケール実験車両「RoboCar 1/10 R-Carパッケージ(仮称)」の開発を開始したと発表した。

[関連写真]

R-Carは、2万5000DMIPS以上の高性能を実現する車載情報端末向けSoC。GPUにPowerVR G6400を採用したほか、ルネサス独自の画像認識コアIMP-X4の搭載により、高性能画像処理ライブラリOpenCVにも対応する。

一方、RoboCar 1/10は、外界センサとして単眼カメラ、赤外線センサ、レーザレンジセンサ(オプション)を搭載。さらに加速度・ジャイロセンサ、エンコーダにより車両の挙動や走行距離も把握できる。また開発環境として各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意することで、自由にアプリケーションを開発できる。

今回開発を開始したR-Carパッケージは、RoboCar 1/10に、R-Carを搭載した評価ボード「ADASスタータキット」を搭載。高性能プロセッサとミニチュアカーを組み合わせることで、障害物を回避しながら走行するといったアプリケーションを省スペースで実験することができる。

RoboCar 1/10 R-Carパッケージは、2017年3月の販売開始を予定している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月31日(水)9時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]