ここから本文です

振り回される築地関係者 「言いがかり」「歓迎」と再分裂

J-CASTニュース 8月31日(水)19時10分配信

 東京都の小池百合子都知事が2016年8月31日に都庁で記者会見を開き、11月7日に迫っている築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転を延期することを正式表明したことに、当の市場関係者が揺れている。

 築地市場関係者の間では反対派から歓迎の声が上がる一方、移転準備を進めてきた推進派からは戸惑いの声が聞こえる。

■「食の安全を守るためにも大事」

 小池氏が移転延期の方針を固め、公表することについては、前日30日の時点で報じられていた。

 これを受け、移転反対派である水産仲卸業者「関富」の関戸富夫社長は31日朝放送の「モーニングショー」(テレビ朝日系)にVTR出演し、

  「本当に最後まで諦めなくて良かった。都民の食の安全を守るという見地からも11月7日をずらすことは本当に大事なことです」

と歓迎した。

 関戸氏は築地関係者で組織する「躍進する市場の会」の代表を務めている。移転をめぐっては土壌汚染対策が不十分なことなどを訴え、7月の都知事選期間中には小池氏に移転延期を求める要望書を手渡していた。

 「築地市場・有志の会」代表呼びかけ人の1人でマグロ仲卸業を営む和知幹夫氏も「ひとまず安堵の気持ち」と31日付産経新聞の中でコメント。移転には引っ越し代だけで1000万円ほどかかると指摘し、業者の負担の大きさを問題視した。

「行政の連続性は一体どこへ」

 一方、推進派の間では戸惑いが広がっている。築地市場協会の伊藤裕康会長は31日付朝日新聞で「都に頼まれて了承した移転時期を都が延期するというのは、どういうことなのか」「勘弁してほしい」と嘆いた。

 築地魚河岸マグロ仲卸「鈴与」三代目店主の生田興克氏は31日、小池氏の正式表明後に生放送された「ゴゴスマ」(TBS系)に電話出演し、開口一番に「がっかりしました」と述べた。

 小池氏が会見で掲げた3つの疑問点1つだった「安全性」については、生田氏も「納得している」としたものの、「巨額・不透明な費用」「情報公開の不足」については「ただの言いがかりのように思えてしょうがない」と主張。最後には

  「大きな視点が欠けている。我々の先代、先々代がこの移転・再整備に向けて胸倉をつかみあわんばかりに議論した結果が11月7日だった。それを新しく知事になった方が、語弊があるかもしれないが『反故』にした。行政の連続性は一体どこに行ったんだ。結果我々は振り回された」

と、語気を強めながら小池氏の決定を批判した。

 小池氏は新たな移転の時期は、地下水のモニタリング調査の結果等が出た上で「きちんと精査した上でできるだけ速やかに判断する」としている。延期中、入居した業者にかかるリース代などの負担については「実際にご意見を聞いて、どのような対応ができるか考えて参りたい」と話すにとどめた。

最終更新:8月31日(水)21時22分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。