ここから本文です

サッカー=ルーニー、2018W杯で代表引退へ

ロイター 8月31日(水)9時53分配信

[30日 ロイター] - サッカーのイングランド代表主将ウェイン・ルーニー(30)は30日、2018年ワールドカップ(W杯)を最後に代表を引退する考えを示した。

ルーニーは会見で「ロシア大会が代表に別れを告げる時だと思っている。自分の考えはもう決まっている。ロシアが最後の機会になるので、この2年を楽しもうと思っているし、良い結果で代表を終えられればいい」と語った。

イングランド代表史上最多の53得点を決めているルーニーは、9月4日に行われるスロバキアとのW杯予選に出場すれば、デービッド・ベッカム氏を抜いてフィールドプレーヤー最多となる116キャップを記録する。

最終更新:8月31日(水)9時53分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]