ここから本文です

俳優イ・ビョンホン、ハリウッド新作「マグニフィセント・セブン」で米進出後初の“正義的”キャラクター

WoW!Korea 8月31日(水)10時19分配信

韓国俳優イ・ビョンホン(46)がハリウッド作品でも演技フィルモグラフィーにターニングポイントを迎えるか、注目を浴びている。

イ・ビョンホンのプロフィールと写真

 公開を控える(9月23日米公開)アクション・ブロックバスター「マグニフィセント・セブン」が31日、男性美みなぎる“女心狙撃スチール”を公開した。

 映画「マグニフィセント・セブン」は村を守るために7人のならず者が集まって痛快な復しゅうを始めるワイルド・アクション・ブロックバスター。今回公開されたスチールは正義を追う懸賞金猟師サム・チゾルム(デンゼル・ワシントン)、恐れなどないギャンブラー、ジョシュ・ファラデイ(クリス・プラット)、そしてミステリアスな暗殺者ビリー・ロックス(イ・ビョンホン)の強靭な魅力がおさめられており、好奇心を刺激する。

 韓国ファンの間で最も関心が集中している俳優はやはり、イ・ビョンホンだ。スチールのイ・ビョンホンはナイフだけでなく拳銃も自由自在に操る姿を見せ、一層視線を集めている。

 特にイ・ビョンホンはハリウッド進出以降、今回のビリー・ロックス役が自身初の正義的な役柄とされ、ターニングポイントとなる作品として期待が寄せられる。「マグニフィセント・セブン」を通して、いままでの姿とは違った圧倒的な男性美でミステリアスな暗殺者の能力を十分に発揮するものと予告した。

最終更新:8月31日(水)10時19分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。