ここから本文です

9等身のスタイルに世界が注目!ヒッチハイク企画から半年、Irisが『NYコレクション』で世界の舞台へ

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月31日(水)15時7分配信

世界4大コレクションの先陣を飾る『NYコレクション』に、マレーシア出身のシンガー、Iris(アイリス)が出演することが決定した。

【詳細】他の写真はこちら

TV番組の企画で日本縦断ヒッチハイクの旅を行っていた日々から一転、今度は世界中のトップモデルと共にNYの大舞台を歩くことになる。

2016年4月のCDデビュー以降、歌手活動を行う傍ら『NYコレクション』の舞台に立つべく、様々なブランドのオーディションに参加してきたIris。9等身のスタイルの良さと6言語を話す知性が認められ、今のところ4つのブランドのショーに出演することが決定している。

今年の『NYコレクション』は9月7日の前夜祭からスタート。Irisはその初日に、まず新進気鋭のブランド“JSong”と、マドンナやレディ・ガガ、ケイティー・ペリー、ジェニファー・ロペスなどの衣装を手がける“VICTOR de SOUZA”の2ブランドのランウェイに出演する。

また9月11日の“VIVIENE HU”のショーでは、彼女の本業である歌唱も行う。

さらに9月14日には、リアーナやレディ・ガガ、アリアナ・グランデが着用し、注目を集める“La Quan Smith”のプレゼンテーションにもモデルとして出演。日本を活動拠点とするアーティストが、これほど本格的にNYコレクションの舞台に立つことは異例で、オーディションを見届けた関係者は「Irisは持って生まれたスタイルのよさ以上に、凛としたオーラの強さが際立っていた」と、この大抜擢の理由を語っている。

マレーシアから日本に移り住んだのは2015年の3月。日本を縦断するTV企画に参加し、旅を達成したのが、翌2016年の3月。さらに、コーセー“雪肌粋”のイメージキャラクターに抜擢されCDデビューを果たしたのが、4月。そして、9月に『NYコレクション』出演。マレーシアを飛び出して以降、彼女の人生は目まぐるしく変化しているが、当の本人は至ってマイペースだ。

そんなIrisの、マレーシア時代の淡い片思いを歌った新曲「小さな声」が、8月22日より配信スタートとなっている。届かないを恋心を懸命に伝えようとする切ない歌詞は、『NYコレクション』の舞台に立つIrisとは異なる一面を見せていて、若い女性の間では「今年の夏、いちばん泣ける歌」と話題になっている。

『NYコレクション』の舞台に立つことになっても、歌手Irisは、マイペースに、かつキュートに、彼女自身の世界観を伝えていくことになりそうだ。

9月14日には2ndシングル「小さな声」のCDが発売となる。

リリース情報
2016.04.27 ON SALE
SINGLE「I love me / good bye」

2016.09.14 ON SALE
SINGLE「小さな声」

Iris OFFICIAL WEBSITE
http://www.irisofficial.com/

最終更新:8月31日(水)15時7分

M-ON!Press(エムオンプレス)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。