ここから本文です

スーパーモデル所得番付、G・ブンチェンがトップ維持

ロイター 8月31日(水)9時50分配信

[30日 ロイター] - 米経済誌フォーブスが発表した毎年恒例のスーパーモデル所得番付によると、ブラジル出身のジゼル・ブンチェン(36)が推定3050万ドル(約31億3000万円)で、トップの座を維持した。

ジゼルは2002年以降、他のどのモデルよりも多くの収入を得ている。

2位は同じくブラジル出身のモデル、アドリアナ・リマで、1050万ドル稼いだ。下着ブランドのヴィクトリアズ・シークレットや化粧品メイベリン、高級時計メーカーのインターナショナル・ウォッチ・カンパニーなどとの契約で収入が増加した。

3位は、ケンダル・ジェンナー(20)とカーリー・クロス(24)がタイ。ジェンナーの収入は昨年の400万ドルから1000万ドルに増加し、16位から急浮上した。クロスの収入も昨年から倍増した。

最終更新:8月31日(水)9時50分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。