ここから本文です

山田意地打もヤクルト連勝止まる 地道に「1日1本ですよ」

デイリースポーツ 8月31日(水)6時2分配信

 「巨人5-2ヤクルト」(30日、福井県営球場)

 チームの連勝が5で止まった中、ヤクルト・山田哲人内野手が気を吐いた。0-2で迎えた三回1死満塁の絶好機。1ボールから菅野のスライダーを捉え、しぶとく左前に運ぶ2点適時打だ。

 「抜けてきた甘いスライダーをミスショットすることなく打つことができました」。好球必打。持ち味の勝負強さも発揮した。88打点でリーグ2位タイに浮上し、トップの広島・新井に3打点差。打点王争いは「全然ないです」と意識こそしていないが、結果はついてきている。

 打率・328と33本塁打はいずれもリーグ2位。まずはあと1つに迫る30盗塁をマークし、史上初の2年連続トリプルスリー達成を確実にしたい。「1日(安打)1本ですよ」。これまで通り、地道に積み重ねる。

最終更新:8月31日(水)10時10分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]