ここから本文です

トッテナム、韓国代表ソン・フンミンへの約32億円オファー拒否か

ISM 8月31日(水)16時14分配信

 トッテナム(イングランド)がヴォルフスブルク(ドイツ)からの韓国代表FWソン・フンミン(24)への獲得オファーを断ったようだ。英タブロイド『ザ・サン』(電子版)が現地時間30日に伝えている。

 ソン・フンミンは、昨夏にレヴァークーゼン(ドイツ)からトッテナムへ加入。昨シーズンは公式戦40試合に出場したが、今シーズンはリオ五輪に参加したこともあって出場機会に恵まれず、クラブも売却を検討していると伝えられていた。

 しかし、『ザ・サン』によると、トッテナムはヴォルフスブルクからの2400万ポンド(約32億4000万円)のオファーを拒否。ほかのブンデス勢も関心を寄せていたが、クラブは同選手を残留させる方針だという。

 現在ソン・フンミンは2018年W杯アジア最終予選の中国戦、シリア戦に向け、韓国代表に招集されている。同選手は移籍の噂について、「こういう移籍の噂が立つのはよくない。そういったクラブが僕を認めてくれているのは、意味があることだけど」と述べている。

 ヴォルフスブルクからの高額オファーを蹴ったマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、信頼を示すことでソン・フンミンがクラブに必要とされていると感じ、パフォーマンス向上につなげてくれることを望んでいるようだ。

最終更新:8月31日(水)16時14分

ISM