ここから本文です

清野菜名が歌って踊る昭和のアイドルに!「金メダル男」特別映像が公開

映画ナタリー 8月31日(水)12時0分配信

内村光良が原作・監督・脚本・主演を担当する「金メダル男」の特別映像が、YouTubeで公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、内村が2011年に行った一人舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとにしたエンタテインメント作品。世の中のあらゆる1等賞獲得に執念を燃やす男・秋田泉一の半生を描き出す。内村とHey! Say! JUMPの知念侑李が2人1役でダブル主演を務め、木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、笑福亭鶴瓶らが脇を固める。

映像の冒頭では、内村が自身の作詞・作曲による劇中歌「私のサンクチュアリ」のメロディを鍵盤ハーモニカで弾く打ち合わせ風景を紹介。さらに、清野菜名演じる泉一憧れのアイドル・北条頼子が劇中歌を歌って踊る姿を中心に、内村も参加したダンスレッスンやレコーディングの様子が収録されている。清野の歌声を聴いた内村が「かわいいです。フルコーラスで使おうかなと思っているぐらい。(上映時間が)2時間半超えるね」と笑顔で語り、清野が「家にいるときも口ずさんじゃうぐらい、いい曲だなあって思いました!」と楽曲の感想を述べる姿も。

「金メダル男」は10月22日より全国でロードショー。



(c)「金メダル男」製作委員会

最終更新:8月31日(水)12時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。