ここから本文です

ソフトB長谷川がトドメの8号 球団期待の「哲学者」復活か

日刊ゲンダイDIGITAL 8月31日(水)12時6分配信

 選手会長がトドメを刺した。

 30日の西武戦。ソフトバンクの長谷川勇也(31)が、1点を勝ち越した直後の2死一塁で今季8号の2ランをスタンドに叩き込んだ。

 2位の日本ハムが敗れてゲーム差は0.5。首位を堅守したことに、「いいリズムでいけている」と話すなど選手会長としての顔ものぞかせたが、問題は自身の成績だ。

 30日現在、打率・271。13年に.341、198安打をマークし、首位打者と最多安打に輝いた当時の打撃には遠く及ばない。チーム内では「哲学者」と呼ばれるほど打撃を追求しているだけに、チームが勝っても満足できないだろう。

「14年オフの右足首手術の影響もあり、昨季出場はたったの30試合。それでも契約更改では現状維持の年俸2億円で3年契約プラス出来高を提示された。今季、国内FA権を取得したため、その流出防止策だが、当の本人が『本当にこの契約でいいのかな』と驚いていたほど。長谷川はクソが付くほどの真面目な男ですからね。『何としてでも1年目から結果を』と意気込んでいる」(OB)

 かつて不動の定位置だった右翼も、若手の成長などがあり、今季はDHがメーン。哲学者が復活すれば、チームへのプラスはもちろん大きい。

最終更新:8月31日(水)12時6分

日刊ゲンダイDIGITAL

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]