ここから本文です

敬老の日、農産物ギフトいかが 農林大模擬会社が開発

@S[アットエス] by 静岡新聞 8月31日(水)9時22分配信

 磐田市の静岡県立農林大学校の学生が今年4月に設立した模擬会社「アグリチャレンジ」が、設立後初の学外向け事業として、敬老の日向けの限定ギフトセットを開発した。9月8日まで予約を受け付けている。

 開発したのは袋井産のお茶セット、メッセージカードを添えた学生手作りのフラワーアレンジメントや洋菓子、蜂蜜や梨の詰め合わせの3種類。同校産の農産物や農家から仕入れた加工品を組み合わせた。

 模擬会社は同校研究部アグリビジネス学科2年生13人が授業の一環で設立した。商品の選別や農家との交渉など、学生が約3カ月かけて準備を進めてきた。模擬会社社長の河村充さん(44)=牧之原市=は「質のよい商品をそろえ、お得な価格設定を心掛けた。初事業なので順調に売れたらうれしい」と話した。

 価格は2千~3千円(送料別)。敬老の日の9月19日に届ける。問い合わせは同校教務課研究班<電0538(36)1564>へ。

静岡新聞社

最終更新:8月31日(水)9時55分

@S[アットエス] by 静岡新聞