ここから本文です

富岡、楢葉への交付金計上 地域振興財源、計100億円

福島民報 8月31日(水)10時42分配信

 福島県は東京電力福島第一原発事故で発生した指定廃棄物を埋め立てる管理型処分場のある富岡町と、搬入路がある楢葉町への交付金計100億円を一般会計補正予算案に計上する。
 交付金は埋め立て計画受け入れに伴う影響の緩和や、地域振興策の財源として県が拠出する。交付金の内訳や具体的用途については両町と協議中という。
 指定廃棄物は放射性物質を含むごみの焼却灰や下水汚泥で、管理型処分場には放射性セシウム濃度1キロ当たり8000ベクレル超、10万ベクレル以下の廃棄物を搬入する。

福島民報社

最終更新:8月31日(水)17時13分

福島民報