ここから本文です

クボタ、農業用ドローン市場に参入…2017年夏にモニター販売

レスポンス 8月31日(水)14時15分配信

クボタは、農業の効率化・精密化を求める担い手農家を支援するため、農業害虫の駆除や病害予防を目的とした農業用ドローンを開発し、市場へ参入する。

農業用ドローンは、農家に近い同社が商品全体の企画、試作評価、外観デザインを行い、プロドローンがドローン本体の設計・試作、丸山製作所が散布機の設計・試作し、クボタブランドのドローンとして実用化を目指す。

高精度の散布性能、高い操作性、デザイン性を持つクボタブランドのドローンを開発することでユーザーの防除作業の軽労化、低コスト化、高効率化、安全へのニーズに対応する。第1弾として農薬(液剤)散布機を開発し、粒剤と鉄コーティング種子散布対応機も順次開発する。

2017年夏にはモニター販売を実施し、ユーザーニーズを取り込み本格販売する予定。将来的にはドローン単体としての価値提供に加え、農薬散布以外にも多用途で活用できるドローンを開発し、精密農業への取り組みにも貢献していく。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月31日(水)14時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]