ここから本文です

ルーニー、2018年でイングランド代表引退 「ロシアW杯が最後」

GOAL 8月31日(水)7時3分配信

マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーが30日、イングランド代表引退を明かした。2018年ワールドカップ(W杯)が、代表での最後の舞台になる。

2003年にイングランド代表デビューしたルーニーは、これまで115試合に出場している。デイビッド・ベッカム氏とともに、フィールドプレーヤーとしてイングランド史上最多タイの記録だ。

ルーニーは9月4日の2018年W杯予選スロバキア戦にも出場予定。フィールドプレーヤーの出場記録で単独トップに立つ見込みとなっている。

だが、30歳のルーニーは、2年後のW杯がスリーライオンズ(イングランド)での最後の戦いになると明かした。イングランドサッカー協会の公式サイトが、選手のコメントを伝えている。

「現実的に、ロシアがイングランド代表での最後のチャンスとなる。だから、この2年を楽しみたい。良い形で代表でのプレーを終えたいと願っている。僕はこれまで代表で素晴らしいキャリアを築いてきた。たくさんの試合に出て、そのすべてを楽しんできた。でも、どこか終わりが来るんだ」

「僕は年寄りじゃない。でも、ロシアが代表に別れを告げるタイミングになる。僕の最後の大会だ。良いときもそうじゃないときも楽しんできたけど、僕はとにかく誇りを感じている。代表での15年は長い。終わりにする正しいタイミングだと思う」

GOAL

最終更新:8月31日(水)7時3分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合