ここから本文です

元日本Vリーグ所属のキム・ヨンギョン 「バレーでもらった愛は、バレーで返したい」

WoW!Korea 8月31日(水)11時41分配信

過去に日本Vリーグでも活躍し、現在は女子バレー韓国代表チームの主将を務めるキム・ヨンギョン(28)がリオ五輪後、休む間もなく多忙なスケジュールをこなしている。インタビューや番組出演が相次ぎ、大人気スポーツ選手として日々を過ごしているのだ。

キム・ヨンギョンの紹介と写真

 キム・ヨンギョンは31日、「最近、ちょっとHOT(ホット、人気)みたい。本当に忙しい」と笑顔でインタビューに応じた。リオ五輪が終了し、去る20日に帰国したキム・ヨンギョンは、休息期に突入。自身の”理想の男性”とする俳優チョ・インソンにラジオ収録で会い、バラエティ番組ではお茶目な一面を見せた。キム・ヨンギョンは「思っていたより、私は人気があるのかな」と恥ずかしそうに笑った。

 しかし、本業はバレーボール選手であることを本人も自覚している。現在、トルコリーグで活躍中のキム・ヨンギョンは、ヨーロッパでプレー中の男女バレーボール選手の中で、最高年俸(推定150万ドル/約1億5千万円)を記録している。

 「そろそろ”アイドル遊び”は終えて、トルコに戻る前まで(韓国で)トレーニングに励まなければ」と話すキム・ヨンギョン。来る9月15日の出発前までに治療とトレーニングを並行させ、コンディションを整える計画だ。

 キム・ヨンギョンは「長い間、考えていたこと」としながら、「バレーでもらった愛は、バレーでお返ししたい」と覚悟を明かした。

最終更新:8月31日(水)11時41分

WoW!Korea