ここから本文です

ディズニー最新作『BFG』に主演のマーク・ライランス、狂言師の野村萬斎と親交

cinemacafe.net 8月31日(水)20時45分配信

スティーブン・スピルバーグ監督を務めるディズニー最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』のジャパンプレミアが8月31日(水)、都内で行われ、来日中のオスカー俳優マーク・ライランスと、日本語吹き替え版で声優を務めた本田望結が出席した。

【画像】『BFG』ジャパンプレミア

ロンドンに住む好奇心旺盛な少女ソフィーが、子供たちに夜ごと“夢”を届ける巨人(愛称BFG)と出会い、イギリスを襲いかかる最大のピンチに立ち向かう友情ファンタジー。本作で身長7メートルの巨人BFGを演じたマークは、演劇界で“レジェンド”として名を馳せるイギリス人俳優で、スピルバーグ監督の前作『ブリッジ・オブ・スパイ』において本年度アカデミー賞助演男優賞した名優だ。

ステージに登壇すると、早速「僕自身、巨人ではなくごめんなさい。でも、ときには小さな存在であっても、大きな影は落とすことができるのです」とお茶目な挨拶で場を和ませたマークは、歌舞伎や能など日本文化に造詣が深く、「今回、モーションキャプチャで巨人を演じましたが、制約があると思いきや逆に解放感がありました。友人の野村萬斎さんも『シン・ゴジラ』でゴジラを演じたと聞いて、納得がいきました」と驚きの親交を明かした。

また、映画のテーマにちなみ、自身の“夢”を聞かれると「黒澤明監督の映画に出たかったですね。残念ながら、いまは実現しませんが。それともう一つは、歌舞伎役者になることです。この夢も年齢的に難しいので、生まれ変わったら叶えたい夢ですね」とやはり日本文化への深い愛を語っていた。

ソフィー役の吹き替えを担当した本田さんは、「ディズニー映画も、スピルバーグさんの作品も大好きなので、オーディションに受かったと聞いて本当にうれしかったです」と満面の笑みを浮かべていた。

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は、9月17日(土)全国にて公開。

最終更新:8月31日(水)20時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。