ここから本文です

カードゲーム「ガンダムクロスウォー」、シンガポールで初の世界大会

みんなの経済新聞ネットワーク 8月31日(水)10時0分配信

 カードゲーム「ガンダムクロスウォー」の初めての世界大会「GUNDAM CROSS WAR WORLD CHAMPION SHIP」が12月11日、シンガポールのマリーナベイサンズで開催される。(シンガポール経済新聞)

 「ガンダムクロスウォー」はカードでもスマホ上でも遊べるゲームで、公式アプリで24時間どこでも手軽にライバルとの対戦を楽しむことができるのが特長。プレーヤーは「艦長」として相手母艦を落とすことを目指し、さまざまな作戦を駆使して戦っていく。シンプルなルールで戦略の幅広さや心理的な駆け引きなどが楽しめるようになっている。

 同大会は「ガンダムクロスウォー」の商品を展開中の8つの国と地域(日本、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、オーストリア)から選ばれた代表者の中から、初代世界チャンピオンを決定するもの。バンダイのトレーディングカードゲーム史上初めての試みという。

 各国や地域の代表者を決める大会は7月下旬から始まっており、日本代表を決める大会「JAPAN CHAMPION SHIP 2016」は10月23日に東京で開かれる。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月1日(木)11時14分

みんなの経済新聞ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。