ここから本文です

肉汁まみれの格闘、英で「世界グレービーレスリング選手権」

ロイター 8月31日(水)11時35分配信

[29日 ロイター] - 英イングランド西北部にあるランカシャー州のパブで29日、「世界グレービーレスリング選手権」が行われ、参加者がグレービー(肉汁)まみれになりながら格闘した。

これは、地元の病院への寄付金集めのために毎年行われる恒例イベント。国内各地から集まった参加者は、肉汁を元に作られるグレービーソースが敷き詰められたプールの中で2分間レスリングを繰り広げた。

試合中の動きや観客の声援などで点数がつけられ、勝者が決められた。

最終更新:8月31日(水)11時35分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。