ここから本文です

常葉大草薙校舎、2018年開設へ起工式 静岡

@S[アットエス] by 静岡新聞 8月31日(水)17時8分配信

 学校法人常葉学園は31日、静岡市駿河区弥生町のポーラ化成工業静岡工場跡地で、2018年4月に開設する常葉大静岡キャンパス草薙校舎の起工式を行った。関係者約70人が出席し、新築工事の安全を祈願した。

 木宮健二理事長ら学校関係者のほか、田辺信宏市長、国会議員、県議会議員、地元自治会長らが参加した。くわ入れを行った木宮理事長は「地域に開放し、地域の大学として発展していきたい」とあいさつした。

 草薙校舎は鉄骨造の6階建てで、延べ床面積約5万4千平方メートル。大学5学部、大学院3研究科、短大部3科を備え、学生数は4千人規模を想定する。JR草薙駅から近く、国道1号沿いという好立地が特徴の一つ。

 草薙校舎の開校に伴い、富士キャンパス(富士市大淵)を閉校し、同キャンパスの保育、経営、社会環境学部と大学院環境防災研究科を全面移転する。

静岡新聞社

最終更新:8月31日(水)17時8分

@S[アットエス] by 静岡新聞