ここから本文です

土屋太鳳、竹内涼真とファンからのサプライズに涙ポロポロ

シネマトゥデイ 8月31日(水)20時18分配信

 女優の土屋太鳳が31日、都内で行われた映画『青空エール』大ヒット御礼舞台あいさつに竹内涼真とともに出席した。竹内と観客約500人からサプライズでエールを贈られた土屋は、涙をポロポロと流して喜んだ。

【写真】土屋太鳳&竹内涼真…手をギュっ!

 本作は、『高校デビュー』『俺物語!!』の原作者・河原和音による同名人気コミックの実写映画化。吹奏楽部に所属するヒロイン・小野つばさ(土屋)と、甲子園を目指す野球部員の山田大介(竹内)。2人の夏空に響く、まぶしくて切ない“両片想い”のストーリーが描かれる。

 先日行ったプロ野球始球式でも着用したおそろいのユニフォームを着た2人は、ファンに手を振りながら笑顔で登壇。始球式ではノーバン投球ができず悔し涙を流した土屋だが、この日は「今日は泣かないですよ。笑います」と宣言し、撮影エピソードなどを紹介した。

 さらに土屋は、劇中で披露したトランペット吹奏にもチャレンジ。クランクアップから3か月が経過し、ピーク時に比べると腕は落ちたというが、劇中にも登場した曲「Our boys will shine tonight」のワンフレーズにトライ。「あまりに汚い音」と4度もやり直したが最後は満足できたようで、「緊張した。あぁ、今日は夜ご飯を安心して食べられます(笑)」と安堵の表情を見せた。

 そのままイベントは終わりを迎えようとしたが、竹内が急きょ客席に降り、観客とともに土屋にサプライズエールをプレゼントすることに。「太鳳ちゃんには本当にお世話になりました。竹内涼真としても山田大介としても手を引っ張っていただいて、現場や役に取り組む太鳳ちゃんのストイックな姿に……」とここまでマイクを通して語った竹内だが、その後は地声で「惚れました! また太鳳ちゃんと一緒に共演できるように、僕も太鳳ちゃんみたいにストイックに頑張りたいと思います!」と熱い思いを大声で叫んだ。

 そして、「太鳳ちゃんありがとう!」と観客も加わってメッセージを送ると、「今日は泣かない」と宣言していたはずの土屋の目には涙が。「ありがとう。全然知らなかった。こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです」と言葉を振り絞り、竹内が準備していたハンカチで涙をぬぐいながら感激していた。(取材/錦怜那)

映画『青空エール』は全国公開中

最終更新:8月31日(水)20時18分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。