ここから本文です

北朝鮮 「座る姿勢悪い」と副首相銃殺=韓国政府

聯合ニュース 8/31(水) 12:33配信

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は31日の定例記者会見で、北朝鮮の金勇進(キム・ヨンジン)副首相が処刑され、朝鮮労働党統一戦線部長の金英哲(キム・ヨンチョル)氏が革命化措置(思想教育)を受けたと伝えた。北朝鮮閣僚の処刑報道について、韓国政府がさまざまなルートを通じて確認した事実だという。また、党の宣伝扇動部第1副部長の崔輝(チェ・フィ)氏が現在も革命化措置を受けているとした。

 韓国政府関係者によると、金勇進氏は6月29日の北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)で「座る姿勢が悪い」と指摘され、国家安全保衛部(秘密警察)の調べを受けた結果、反党、反革命分子、さらに現代版分派分子と見なされ、7月に銃殺された。

 金勇進氏は党中央委員も務めていた。内閣で教育相を務めたほか、要人の国家葬儀委員会委員に名前を連ねた。

 また、韓国政府関係者は金英哲氏について、「高圧的な態度で統一戦線部の権限拡張を強引に推し進めるなど権力乱用が原因となった」と説明。7月中旬から8月中旬にかけ、地方の農場で革命化処罰を受けたとした。

 金英哲氏は、対韓国政策を総括し昨年末に死去した金養建(キム・ヤンゴン)党書記の後任として統一戦線部長に就いた。偵察総局長も務めた強硬派とされる。

 革命家教育が終わると復帰したとみられ、韓国政府関係者は「忠誠心を見せる必要に迫られており、対韓国政策で強硬な態度を示すのではないかと懸念される。政府は注視している」と話した。

 崔輝氏は党中央委員で最高人民会議代議員(国会議員に相当)も務める。宣伝事業で金正恩(キム・ジョンウン)党委員長にとがめられ、5月末から地方の農場で革命化教育を受けていると伝えられた。

最終更新:8/31(水) 15:05

聯合ニュース