ここから本文です

「ライカM(Typ 262)標準セット」 国内限定限定数100セットで販売

アスキー 8月31日(水)20時34分配信

ライカカメラジャパンは、レンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM(Typ 262)標準セット」を国内限定100セットで9月1日より発売する。価格は86万4000円。

 ライカカメラジャパンは、レンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM(Typ 262)標準セット」を国内限定100セットで9月1日より発売する。価格は86万4000円。
 
 セット内容は「ライカM(Typ262)」に、標準レンズ「ライカ ズマリットM f2.4/50mm」とフラッシュ「ライカSF 40」、「システムケースM」が付属している。
 
 ライカM(Typ 262)は、Mシステムの本質的なコンセプトを追求し、スチール撮影に特化したM型デジタルカメラだ。撮像素子は専用に開発された高画素2400万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを採用し、卓越した描写を実現したという。また、トップカバーの材質にはアルミニウムを採用し、真鍮を採用している同タイプのM型デジタルカメラに比べておよそ100g軽量化した。
 
 ライカ ズマリットM f2.4/50mmは軽量でコンパクトなボディとシンプルな操作性でありながら、優れたイメージフィールドの平面性と色補正を実現した標準レンズだ。ライカSF40は、ガイドナンバーは40、照射角は焦点距離105mmまでの画角をカバーしたコンパクトなフラッシュである。また、システムケースMは、撥水加工を施したイタリア製の上質なナイロンを採用し、ライカM(Typ 262)標準セットのカメラ、レンズ、フラッシュをすべて収納可能だ。
 
 
文● 田沢

最終更新:8月31日(水)20時34分

アスキー