ここから本文です

初来日のマーク・ライランス、本田望結にメロメロ!

シネマトゥデイ 8月31日(水)21時22分配信

  『ブリッジ・オブ・スパイ』で第88回アカデミー賞助演男優賞に輝いたオスカー俳優のマーク・ライランスが31日、都内で行われた映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』のジャパンプレミアに、本作で日本語吹替え声優を務めた本田望結と出席。本田とこの日初めて会ったというライランスは「なんて可愛いんでしょう」と褒めちぎるなど本田にメロメロな様子だった。

【写真】望結ちゃんに超メロメロ!

 スティーヴン・スピルバーグ監督がロアルド・ダールの児童文学「オ・ヤサシ巨人BFG」を映画化した作品で、夢をつくって子どもたちに届ける「夢の配達人」にして、孤独な少女ソフィーと友情を紡いでいく心優しい巨人BFGを演じたライランス。今回が初来日となったが「コンバンワ」と日本語であいさつを行い、「日本にいられることを嬉しく思います。小さい頃からいつか日本に行きたいと思っていました。映画に出たおかげですね」と笑顔を見せる。

 自身が演じたBFGについては「彼は巨人で菜食主義者で自分のやり方が決まってしまっている。そんなキャラクター。かなり頻繁に混乱するところがあるんですが、そういう部分が自分と似ている」とコメント。「本当に笑えて感動的な映画。家にいかにたどり着くのか。自分の居場所を探すような物語だと思います」とアピールした。

 一方、日本語版のソフィーの声を担当した本田は、ライランスとの初対面に「この場にマークさんと一緒にいられるのが光栄。お会いするまで7メートルの巨人だと思っていたので飛行機大丈夫かなと思っていました」とニッコリ。そんな本田にライランスは「なんて可愛いんでしょう。ソフィーを演じるのにサイコーな女の子だと思います」とその愛らしさを絶賛した。

 また、この日のイベントでは壇上に用意されたドリームツリーへの点灯式も実施。ライランスがトランペットを吹くとツリーにつけられた電球がいっせいに点灯した。ライランスはツリーを嬉しそうに見上げながら、「この作品がこうして日本で歓迎されていることをとても嬉しく思います」と感慨深げに話していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は9月17日より全国公開

最終更新:8月31日(水)21時46分

シネマトゥデイ