ここから本文です

ZMP、カルガモ運搬する台車型ロボットの出荷を開始

レスポンス 8月31日(水)16時15分配信

ZMPは、物流や製造の現場で作業負荷軽減、作業効率改善を同時に実現する物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」の出荷を8月31日に開始した。

「CarriRo」は、ハンドルにあるジョイスティックを操作すると、前後左右に走行しほとんど力を使うことなく荷物を運ぶことができる。また、付属のビーコンに反応し、作業者や親機となる「CarriRo」を追従することが可能。これにより作業者の負担なく一度に最大3倍の荷物を運ぶことができる。

倉庫や物流センター内のピッキング業務の効率化や、工場内の工程間搬送に利用することでベルトコンベアやAGV(無人搬送車)を代替することも可能。作業負荷が大きく軽減されることにより、重労働と見られていた運搬作業を女性や高齢者でも行うことが可能になるとしている。

価格は3年リースで月額3万5000円(税抜、本体価格)。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月31日(水)16時15分

レスポンス