ここから本文です

白井健三、跳馬の新技は「シライ2」で認定 リオ五輪で成功

デイリースポーツ 8月31日(水)10時8分配信

 国際体操連盟は30日、リオデジャネイロ五輪の種目別男子跳馬において、日本の白井健三(20)=日体大=が国際大会で史上初めて成功した「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」を新技「シライ2」として認定したと発表した。難易度を示すDスコアは6・4点。

【写真】これが「シライ2」 伸身ユルチェンコ3回半ひねり!

 白井はリオ五輪で同技を成功させ、銅メダルを獲得。すでに床運動で3つ、跳馬で1つ、自身の名がつく技を持っており、これで5つ目の「シライ」となった。

最終更新:8月31日(水)16時32分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]