ここから本文です

1回KO藤浪は「ハートの問題」江夏氏が説くエースの心得

東スポWeb 8月31日(水)16時51分配信

 阪神の悩めるエース・藤浪晋太郎(22)が30日の中日戦(ナゴヤドーム)で大炎上し、10敗目を喫した。自身最短の1回で降板。満塁弾を含む8安打を浴び、1イニング自己ワーストの7失点。「何とかしないと、と思って余計なことを考えた。早くアウトが欲しいと焦った部分があった。野手、リリーフの方に迷惑をかけて申し訳なかった」とうなだれた。

 逆転クライマックスシリーズ進出を目指すチームに大きく水を差したとあって、ベンチでは福留から「投げること以外にもやるべきことをやれ」と叱咤される場面も。

 金本監督は「思う通りに投げられていない。その原因を本人がどう考えているのか。何とかしようというのは伝わっているが、それだけじゃダメな立場。チームとしても教育していかないといけない」と苦言を呈した。

 この日、球場を訪れた大物OBの江夏豊氏(68)も足を引っ張り続けるエースを「(不振は)肩が痛い、ヒジが痛いという体の故障ではない。ハート(の問題)だろう。エースというのは誰でもできるものではない。今日で6勝10敗? それがそのままチームの成績につながっている。本当のエースは苦しいときほど抑えるものだ」と一刀両断。「本人が望むならば調整のためファームに行かせるというのも一つの方法。逆に中4、5日でどんどん投げていくこともいいのかもしれない」とも力説した。

 さらに江夏氏は「初回のところで(ベンチから)誰も行かないというのは寂しい。(今季は7月8日の広島戦で)161球を投げたこともあったが、あれは何が目的だったのか、ベンチの意向と藤浪本人の考えが見えてこない。監督と藤浪が直接話すのもいいし、担当コーチが相談に乗ってあげないといけない」と提言。この重い言葉を首脳陣や藤浪はどう聞くか。

最終更新:8月31日(水)16時51分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]