ここから本文です

武井壮、男児転落マンションに小学校時代住んでいた

デイリースポーツ 8月31日(水)10時32分配信

 タレントの武井壮が30日、ツイッターを更新し、都内のマンション7階から2歳児が転落したものの、奇跡的に命が助かったニュースに触れ、そのマンションは武井自身が小学校時代に住んでいたマンションだったと告白。「ここはオレ並みに強い子供が育つんだろうか」とつぶやいた。

 武井は「うおお、オレが小学校の時に住んでたマンションだ」とつぶやき、ニュース記事を貼り付けた。記事によると、東京・葛飾区内のマンション7階から2歳の男児が転落したものの、敷地内にあったみかんの木がクッションとなり、一命を取り留めたというもの。男児は全身に擦り傷や切り傷を負ったものの、命に別状はなかったという。

 武井は「無事でよかったわあ。。ここはオレ並みに強い子供が育つんだろうか。。。良かったわあ」と、安堵(あんど)のコメントをつぶやくと「助かって良かったです。武井パワーをありがとう」「武井チルドレン」「すごい偶然」などのコメントも書き込まれていた。

最終更新:8月31日(水)10時37分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。