ここから本文です

トッテナム側「ソン・フンミン、手放さない」 残留の可能性高まる

WoW!Korea 8月31日(水)13時47分配信

韓国代表FWソン・フンミン(24)が、トッテナムに残留する可能性が高まっている。

 「スカイスポーツ」など外信は31日(以下、日本時間)、イングランド・プレミアリーグ トッテナムがドイツ・ブンデスリーガ ヴォルフスブルクの”ソン・フンミン獲得”を阻止したと報じた。

ソン・フンミンの紹介と写真

 報道によると、トッテナムは「ソン・フンミンに対する2560万ポンド(約34億円)の移籍金を拒絶し、今後もソン・フンミンを手放す意向はない」と明かした。

 これを前にヴォルフスブルクは、主力選手の相次ぐ移籍説により、FW補強のためソン・フンミンの獲得に乗り出し、トッテナムに移籍金として2000万ポンド(約26億円)を提示したと報じられた。

 しかし、ソン・フンミンを2200万ポンド(約29億円)で獲得したトッテナムは「最低2500万ポンド(約33億円)」の移籍金をヴォルフスブルク側に要求。これに、ヴォルフスブルクは去る30日、2560万ユーロ(約29億5000万円)で交渉したが、トッテナムは応じなかった。

 一方、ソン・フンミンは去る29日、ソウルワールドカップ競技場でメディアの取材に対し「移籍説が出るということは、ドイツで僕が認められている証だ。しかし、移籍について決定事項は何もない」と明かしていた。

最終更新:8月31日(水)13時47分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。