ここから本文です

OneNote、手描き数式の解答と手順を教えてくれる“数学の先生”機能

ITmedia ニュース 8月31日(水)11時47分配信

 米Microsoftは8月30日(現地時間)、Windows 10版Officeで使える「Windows Ink」の新機能を紹介した。

解だけでなく、その答えに至る手順の説明も表示される

OneNoteの“数学アシスタント”機能

 まず、OneNoteで手描きで数式を入力すると、その解と考え方を説明する機能が追加された。

 Windows 10でOneNoteを起動し、手書きモードにしてペンで数式を入力し、選択ツールで数式を囲って右上の「数式の変換と解決」アイコンをタップすると、画面右にテキスト化された数式が表示され、数式の答えや手順の説明が表示される。

手描きのリプレイ機能(まずはOneNoteから)

 Windows Iinkで書かれた画像の描画の過程をリプレイする機能が、まずはOneNoteに追加され、間もなくデスクトップ版のWord、Excel、PowerPointでも利用できるようになる。

 OneNoteの場合、[表示]→[再生]を選択し、リプレイしたい部分を選択(全体をリプレイすることも可能)すると、再生が始まる。絵画の描画過程を見るには面白そうだ。

虹色などのインクの新色追加

 Windows Inkのインクの色はこれまで単色のみだったが、「虹」「銀河」「シルバー」「ゴールド」の4色が加わった。[描画]→[インクの色]→[効果]で選択できる(上の2つ目の画像の数式の下の「にじ」という文字は「虹」で描いたものだ)。

最終更新:8月31日(水)11時47分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]