ここから本文です

正午のドルは102円後半、ドル買い一巡で伸び悩み

ロイター 8月31日(水)12時40分配信

[東京 31日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の102.91/93円。月末のこの日は、仲値公示に掛けて実需のフローがあったほか、投機筋のショートカバーも誘発され、ドルは一時103.23円まで上昇。前日ニューヨーク市場の高値103.14円を上回った。

しかし、ドル買い一巡後は、投機筋の間でも、週末に米雇用統計を控えた慎重さが目立ち、新規のドル買いが出なかったため、103円を若干下回る水準まで反落した。

この日はローゼングレン米ボストン地区連銀総裁が北京での討論会に、カシュカリ米ミネアポリス地区連銀総裁が「FRBと理事の役割」についての討議に参加する予定。

最終更新:8月31日(水)17時9分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]