ここから本文です

Google+は「Google for Work」のコアに──Googleが3つの更新を発表

ITmedia ニュース 8月31日(水)12時54分配信

 米Googleは8月30日(現地時間)、ソーシャルサービス「Google+」の3つのアップデートを発表した。

新しいGoogle+への移行を促される

 まず、Google+の「コレクション」および「コミュニティ」タブを、プロダクティビティサービス「Google Apps」ユーザーのための組織内でのコラボレーション/コミュニケーションプラットフォームにする。これは向こう数日中に“ローリングアウト”する。Google+担当のプロダクトマネジャー、ダニエル・バックリー氏は自身のGopgle+で「Google+は向こう数週間中にGoogle for Workサービスのコアになる」と説明する。

 それに伴い、2015年11月に刷新したGoogle+の新しいUIをデフォルトにする。「以前のGoogle+に戻す」リンクは当面残すが、まだ新しいUIに移行していないユーザーも、新しいUIで表示されるようになる。

 3つ目は新機能の追加だ。コメントにリンクと画像を追加できるようになる。また、コミュニティのオーナーとモデレーターが従来よりも投稿をコントロールできるようになる。また、通知センターが新しくなる。

 2011年9月にスタートしたGoogle+は一時期、写真編集機能やグループチャット機能までついたSNSとして提供されていたが、写真機能は「Googleフォト」として、チャット機能は「ハングアウト」として独立している。GoogleはハングアウトをGoogle Appsのコミュニケーションツールとしてエンタープライズ向けに特化していくとしており、Google+も同じ運命をたどるのかもしれない。

最終更新:8月31日(水)12時54分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]