ここから本文です

ロッテグループ元副会長=創設者の長男、明日(9月1日)検察調査へ

WoW!Korea 8/31(水) 16:52配信

故李仁源(イ・インウォン)ロッテグループ副会長の自殺で、グループ内の裏金捜査を一時中断していた韓国検察は、重光宏之(韓国名:シン・ドンジュ、62=重光武雄ロッテ創設者の長男)に対する召喚を通告し、捜査を再開した。

 検察は来週までに、グループ関係者に対する調査を終え、重光昭夫(韓国名:シン・ドンビン、61=重光武雄ロッテ創設者の次男)も召喚して調査する方針だ。

 ソウル中央地検ロッテ捜査チームは31日、重光宏之ロッテグループ元副会長を9月1日午前10時に被疑者として召喚予定だと明かした。

 宏之元副会長は10数年間、グループ系列会社に登記人員として名前のみ登載し、数百億ウォン台(数十億円)の金銭を受け取っていた疑惑がもたれている。

最終更新:8/31(水) 16:52

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。