ここから本文です

文京の「DESIGN小石川」でウイークエンドマーケット 地元巻き込み毎週末に /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 8月31日(水)17時30分配信

 文京区・小石川のギャラリー&マーケットプレイス「DESIGN小石川」(文京区小石川2)で8月27日、「Weekend market at Design小石川」が開催された。(文京経済新聞)

通り沿いに出された「Weekend market at Design小石川」の看板

 今年7月、街の可能性を広げることを目的に2年間限定で新設されたギャラリーとショップを兼ねた同スペース。同地域で設計事務所を営む芦沢啓治さんが運営し、街とデザインをつなぐさまざまなイベントを企画している。

 今回で4回目となるウイークエンドマーケットは、地元商店主との共催で毎週土曜に開かれている。店主が厳選した産地直送野菜を販売する「齋藤商店」や、木村硝子店のグラスをセレクトした「会津屋」といった地元商店のほか、同施設内に店を構え品質にこだわったエキストラバージンオリーブオイルなどを販売する「PLAIN COMPANY」など、同地ならではの店が並ぶ。現在は、家具や生活に豊かさを与えるアイテムを提供する「TAIYOU no SHITA 小石川店」オープン記念セールも同時開催されており、会場は多くの来場者で賑(にぎ)わった。

 会場では2つのワークショップも併催。同施設内にアトリエを構える「石巻工房」は、「座るもの」をテーマに自由にデザインした作品を制作するワークショップ、小石川の革製品専門店「Road Factory MIYABI」はオンリーワンのカードケース作りをそれぞれ開いた。小学生から大人まで幅広い参加があり、それぞれが思い思いの作品を仕上げた。

 フェイスブックをきっかけに石巻工房のワークショップに参加したという板橋在住の三浦権治さんは、玄関に置くための実用的なオブジェを制作。「家具メーカーに勤めているが、実際に自分の手を動かして制作したのは初めてなので、とても楽しかった。創作意欲の湧く、このようなすてきな空間ができてうれしい」と話す。オンリーワンのカードケース作りに挑んだ同地域在住の藤島万友子さんは「ゆったりとした空間で、落ち着いて指導していただけた。次はもっとスキルアップした作品に挑戦したい」とほほ笑む。

 併設のギャラリーでは同日、日本初の個展「MEMORIES」を開催中のCALVIN HO(カルヴィン・ホー)さんによるガイドツアーも行われた。ホーさんは香港を拠点に国内外で活動する若手グラフィックアーティストで、「生きている間に忘れてしまいそうな、旅をする過程で思い出された物事を絵に落とし込んだ」というドローイングやCG作品を紹介。小学生の質問に笑顔で答えるなど、参加者との和やかな様子も見られた。

 マーケットの開催は、毎週土曜11時~15時。石巻工房ワークショップは次回、9月3日を予定。ホーさんの個展は9月25日まで(営業時間は11時~19時、水曜定休)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月1日(木)22時59分

みんなの経済新聞ネットワーク