ここから本文です

HPE、ミッションクリティカルx86サーバの新モデルを発売

ITmedia エンタープライズ 8月31日(水)15時54分配信

 日本ヒューレット・パッカード(以下、HPE)は8月30日、Xeonプロセッサ E7 v4製品ファミリーを搭載し、24テラバイトのメモリを搭載できる、ミッションクリティカルシステム向けのx86サーバ「HPE Integrity Superdome X」の新モデルを発売した。

 Integrity Superdome Xは、多くの企業システムで使われているMicrosoft Windows server 2012 R2やRed Hat Enterprise Linux 7をサポートしており、これらのOS上で稼働するアプリケーションは全て、特殊なスキル不要で、99.999%(HPEの実績値)の可能率のミッションクリティカルシステムを実現できるという。

 高信頼性を実現する機能はファームウェアなどのサーバ内部に実装されているため、それらの機能を意識することなくアプリケーションの実装や開発を行うことができると説明している。

 また、従来品の2倍に当たる1つのOS領域につき24テラバイトのメモリ搭載をサポート。大量のメモリを必要とするSAP HANAなどのインメモリデータベースのカバー範囲が拡大し、従来では実行不可能であった処理を高速に実行できるとしている。

 さらに、複数のCPU同士を接続するクロスバーファブリックの速度を33%向上しており、同一システムをより少ないCPUコアで稼働できるようになり、TCO削減に貢献するとのこと。

 CPUは、Xeonプロセッサ E7 v4ファミリーを最大16CPU、384コアまで搭載可能で、最小2CPUからスモールスタートでき、2CPUごとに増設できるという。また、物理パーティション(nPartitions)を利用することで、1筐体内を複数のOS領域に電気的に分割できるという。

 価格は、最小構成では2851万7000円(税別)から。

最終更新:8月31日(水)15時54分

ITmedia エンタープライズ