ここから本文です

テイラー元カレが授賞スピーチでリベンジ!

Movie Walker 8月31日(水)16時0分配信

テイラー・スウィフトの元恋人であるカルヴィン・ハリスが、MTVビデオ・ミュージック・アワードで最優秀男性ビデオ賞を受賞した。受賞の対象になった楽曲は、彼がテイラーと一緒に作ったことが破局後明らかになり大きな話題になった「This Is What You Came For」。

【写真を見る】円満破局から一転!険悪な関係となったテイラーとカルヴィン

カルヴィンは米国で行われた授賞式には出席しなかったが、英国から中継で受賞の知らせを受け、スピーチを行った。曲がリリースされた時、テイラーは別名を使って作詞家としてクレジットされていたが、カルヴィンとテイラーが別れた後で実は彼女が作詞していたことがリークし、現在は同曲の作詞家はテイラーだと明確に記されている。

しかしカルヴィンは受賞スピーチでテイラーには何の謝辞も述べず、シンガーとして参加したリアーナだけに感謝を捧げた。

「今日は英国でコンサートがありました。そうでなければ、絶対に授賞式へ行っています。リアーナに感謝します。心の底からありがとう。君はスーパースターです」とカルヴィンは語ったと英紙デイリー・メールが伝えている。

カルヴィンは破局後、テイラーと一緒に曲を書いたことがリークした際、テイラー側があたかもテイラーが1人で彼の曲を書いたような印象を与える声明を発表したことに立腹し、彼女が歌詞を書いたことは認めながらも「曲を書いたのも、プロデュースしたのも、アレンジしたのも僕」とツイッターで反撃し、「ツアーが終わって時間ができた君は、以前ケイティ・ペリーにそうしたように、また誰かを葬り去りたくなったのかもしれない。しかし悪いけど僕はそのターゲットにはならない」と怒りをあらわにしていた。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:8月31日(水)16時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。