ここから本文です

<Wコラム>由緒ある家柄を誇りに、あなたは本当に「韓国」を知っている? 

WoW!Korea 8月31日(水)17時57分配信

このように韓国は今なお血筋を大切にし、由緒ある家柄を誇りにしています。

 全国民がやれ「うちの先祖様には大臣が何名いた」とか「あの有名な学者は何代上の先祖だ」とか「国を救ったあの将軍はわが家門の出」だとか自分の家系を吹聴します。

 「今は社会的経済的に誇れるものはないけれど、お前はどこどこの本貫の某氏の誇らしい血筋だから、熱心に勉強して家門の栄光を取り戻せ! 」と子どもに勉強を励まさせるのが親の説教の定番なのです。

 けれども普通に考えて韓国人の全国民が「由緒ある家柄」である訳はないですよね。

 由緒ある家柄は数が少ないからこそ希少価値があるので、全国民がそうであるのは常識的に考えておかしいわけです。

 全国民が由緒ある家柄を主張する根拠は、血筋を拠りどころにしている「族譜」にあります。この「族譜」は簡単に言えば「家系図」みたいなもので、始祖から現代にいたるまで記録されています。それを見ると、自分が何代目の子孫であるかわかる仕組みです。けれども実際「族譜」を身近においてある家はほとんどなく、氏族の事務所(宗親会)においてあるのが現実で、一般には親や親せき縁者から口頭で「おまえは第何代だ」と教えてもらう程度です。


文=権 鎔大(ゴン ヨンデ)
出典=『あなたは本当に「韓国」を知っている? 』(著者/権鎔大 発行/駿河台出版社)

最終更新:8月31日(水)17時57分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。