ここから本文です

EXILE・ATSUSHI 活動拠点を米国に移行…2018年まで留学

デイリースポーツ 8月31日(水)18時7分配信

 EXILEのATSUSHI(36)が、海外留学のため活動拠点を期間限定で米国に移すことが31日、分かった。同グループの公式HPで発表した。

 ATSUSHIは「EXILE、EXILE ATSUSHIを応援くださる皆さんへ」と題した文面で、「期間限定で僕自身の活動拠点を海外に移すことを決意させていただきました」と明らかにした。

 「常にヴォーカリストとして進化することを意識してきました」「EXILEがさらなる高みを目指すために自分を進化させ、EXILEに貢献したいという想いは、さらに強くなってきています」と自身の思いを記し「初心に戻り、英語はもちろん、世界基準での表現力、歌唱力を身につけ、世界基準のヴォーカリストになることが、EXILEが世界基準のアーティスト・グループになるために必要なことだと考えはじめました」と決断に至った経緯を説明した。

 関係者によると、留学先は米国で、年内に活動拠点を移す予定。留学の期限は2018年になる。

 ATSUSHIは「皆さんに必ず進化したEXILE ATSUSHI、そして、進化したEXILEのパフォーマンスをお見せすることを、お約束させていただきます。その年は2018年です」「次の進化したEXILE、EXILE ATSUSHIに期待して、2018年までの間、少しだけお時間をいただければうれしいです」と綴った。

最終更新:8月31日(水)19時39分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。