ここから本文です

和歌山・北大通りに観葉植物店「グリーンヘンジ」 男性目線で商品選定 /和歌山

みんなの経済新聞ネットワーク 8月31日(水)22時30分配信

 和歌山市北大通り・北新橋近くに観葉植物専門店「GREEN HENGE(グリーンヘンジ)」(和歌山市西仲間町、TEL 090-9618-9586)がオープンして2カ月がたった。(和歌山経済新聞)

さまざまな観葉植物が並ぶ店内

 大通りに面した雑居ビルの1階にある同店。店舗面積は12坪。打放しコンクリート造の店内にはナチュラル色の木製棚を置き、大小の観葉植物をズラリと並べる。

 店主の片山裕也さんは「店名はイギリスの先史時代の遺跡『ストーンヘンジ』をもじって名付けた」と話す。「小さいころから、植物に限らず、ちょっと変わったものが好きだった」とも。友人の薦めもあり美装業の傍ら、2015年夏から店舗オープンの準備を進めたという。

 鉢植えを中心に、200円で販売する小型商品から1万円以上の大型鉢までそろえる。「特に人気の商品は、コウモリラン(1,000円~5,000円)。男性目線で選んでいるので、普通の観葉植物店とは少し違うと思う。その部分を楽しんでいただければ」と片山さん。

 「素朴でありながら、植物の生育や時間とともに、より味わいが増していくところが気にいった」と片山さんが語るアンティークのモスポット(400円~)なども販売。

 「秋冬に向けてだんだんと寒くなり、観葉植物を育てるのも大変な季節になってくるが、比較的寒い時期でも育てやすい物をそろえている。季節にかかわらずぜひ見に来てほしい」と来店を呼びかける。

 営業時間は13時~19時。月曜・火曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月1日(木)17時45分

みんなの経済新聞ネットワーク