ここから本文です

長谷部代表100試合へ「1試合目も50試合目も変わらない」

デイリースポーツ 8月31日(水)18時48分配信

 「W杯アジア最終予選、日本-UAE」(9月1日、埼玉スタジアム2002)

 史上6人目となるA代表出場100試合目を控えた、主将のMF長谷部誠が心境を語った。

 節目を前に「日本代表は特別な所。常に誰が出るか分からない場所と思っている」とし烈な競争があったことを振り返り、「1試合目も50試合目も100試合目もそんなに変わらないです」と平常心で試合に臨むと語った。

 重要な意味を持つ最終予選初戦へ向けては「経験がある選手が落ち着いたプレー、態度を示せば、若い選手も伸び伸びプレーできる」とチームを落ち着かせるプレーをすることを誓った。

 過去100試合出場を達成したのは以下の5人。

 1遠藤保仁 152

 2井原正巳 122

 3川口能活 116

 4中澤佑二 110

 5岡崎慎司 102

(2016年8月31日時点)

最終更新:8月31日(水)18時52分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。