ここから本文です

IBM、「POWER9」でIntelに対抗

EE Times Japan 8月31日(水)17時26分配信

■スケールアップ/スケールアウトが可能

 IBMは、米国カリフォルニア州クパチーノで開催されたマイクロプロセッサの国際学会「Hot Chips 28」(2016年8月21~23日)で、最新プロセッサ「POWER9」を初披露した。IBMは、POWER9のOEMやアクセラレータパートナーを募り、ハイエンドサーバ市場において最大のライバルであるIntelに対抗する構えだ。

【120Mバイトのメモリが搭載されている「POWER9」の画像】

 POWER9は、14nmプロセスを適用する。同チップは2016年3月に初めて発表された。POWER9は、IBMのPOWERチップとしては初めて、システム設計のスケールアップとスケールアウトに対応可能になっている。

 POWER9は、IBMのこれまでのマイクロプロセッサと同様に、新たな性能レベルを実現するために膨大なメモリを搭載している。その一例が、120MバイトものeDRAMだ。オンチップのキャッシュ階層の帯域は7Tビット/秒に上る。

 POWER9の主任設計者であるBrian Thompto氏は、「POWER9は2017年後半に発売予定で、『POWER8』の2倍以上の性能を実現する」と述べている。新コアとチップレベルの設計によって、大幅な性能向上が期待される。

 POWER9には、CPUコアの構成とメモリインタフェースの違いによって計4種類が用意されている。

 CPUコアの構成は、1つは、1コア当たり8スレッド、1チップに12コアを搭載し、IBMのPOWER仮想環境に対応した構成。もう1つは、1コア当たり4スレッド、1チップに24コアを搭載し、Linuxに対応した構成になっている。

 それぞれ、2ソケットサーバ向けで、最大8個のDDR4ポートに対応できるバージョン(スケールアウト)と、マルチソケット向けで、Buffered DIMMに対応するバージョン(スケールアップ)がある。

 こうした多彩な選択肢は機器メーカーにとって魅力的だ。IBMは、同社が設立した「OpenPOWER Foundation」を通して、POWERシステムの普及や促進を目指している。OpenPOWERの加盟企業は現在、200社を超えている。これまでのところ中国からの関心が最も高く、中国のパートナー企業1社がPOWERプロセッサを独自製造している。

 DDR4 DIMMに対応したことで、汎用的なパッケージが使えるようになり、低コスト化につながることも機器メーカーにとってはメリットになる。

 POWER9には、PCI Express(PCIe) 4.0が実装される。POWER9は、策定の完了が待たれる同規格を初めて実装するプロセッサの1つとなる。さらにPOWER9は、25GHzの転送速度を持つ「BlueLink」を備える。PCIeリンクは、IBMのCAPI(Coherent Accelerator Processor Interface) 2.0でFPGAとASICを接続できる。また、BlueLinkは、NVIDIAの新チップ間インターコネクト技術「NVLink 2.0」に対応する。

【翻訳:滝本麻貴、田中留美、編集:EE Times Japan】

最終更新:8月31日(水)17時26分

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]