ここから本文です

よゐこ有野が銚子電鉄の車掌役、映画「トモシビ」

お笑いナタリー 8月31日(水)17時27分配信

よゐこ有野が、2017年公開の映画「トモシビ」に出演する。

関東の最東端を走るローカル線・銚子電鉄が舞台の小説「トモシビ~銚子電鉄の小さな奇蹟~」(TOブックス)を原作に、銚子市、銚子電鉄の全面協力のもと制作される映画「トモシビ」。「の・ようなもの のようなもの」の杉山泰一が監督を務め、原作者の吉野翠が佐野誠と共に脚本を担当する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

銚子電鉄と人々との関わりを描く本作で、有野が演じるのは銚子電鉄の車掌・磯崎洋一役。磯崎は主人公の高校生・椎名杏子の母に思いを寄せているのだが、杏子はどこか磯崎のことを好きになれず、反抗的な態度をとってしまっていた。そんな中、磯崎は杏子の企画した列車と競争する駅伝大会「銚子駅DEN」に一役買うことに。大会3日前にしてランナーが1人足りない事態に陥る「銚子駅DEN」は果たして成功するのか。杏子役は映画初主演となる松風理咲が務める。

最終更新:8月31日(水)17時27分

お笑いナタリー