ここから本文です

中国、経済目標達成は困難伴う―国家発展改革委員会=新華社

ロイター 8月31日(水)19時3分配信

[北京 31日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(NDRC)の徐紹史委員長は、同国が経済目標を達成するには「多大な努力」が必要であり、下期の経済も圧力にさらされるとの見方を示した。新華社が31日報じた。

ただ委員長は、中国が「経済成長、雇用、コモディティー価格、家計収入といった主要な年間目標を達成する可能性」に対して自信を持っているとも述べた。

委員長は「投資や貿易の目標に到達するには、大きな問題が残っている」とした上で「現在、経済の安定的発展のための基礎は十分だとは言えず、下方圧力も大きい。問題を過小評価することはできない」と述べた。

その上で「中国は柔軟で的を絞ったマクロ管理措置を引き続き策定、実施するとともに、積極的な財政政策および穏健な金融政策を推し進める」とした。

地域の分裂や、農民の収入および安定的な需要の伸びをめぐる難しさ、金融や雇用における潜在リスクが経済が直面する課題としている。

財政政策をめぐって、新華社は楼継偉財政相の発言として、中国が一部の機械・電気製品について輸出リベート引き上げを検討していると報じた。

*内容を追加して再送します。

最終更新:9月6日(火)10時19分

ロイター