ここから本文です

阪神・メッセが相手投手に先制打許す リプレー検証も判定覆らず

デイリースポーツ 8月31日(水)20時18分配信

 「中日-阪神」(31日、ナゴヤドーム)

 好投を続けていた阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)が、七回に先制点を許した。

【写真】際どいタイミング! ホームベース上の攻防は竜に軍配

 0-0の七回。2死二塁で投手の吉見に中前打を許した。中堅の中谷が好返球をみせ、際どいタイミング。主審はセーフと判定。金本監督はすぐにリプレー検証を要求したが、判定は覆らなかった。六回まで3安打と好投していた右腕。打線の援護もなく、悔しい失点となった。

 八回に打席が回ってきたが、代打・鳥谷が送られ、降板となった。

最終更新:8月31日(水)21時7分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報